婚約指輪はプロポーズのときに渡す男性もいますが、それでは女性は選ぶことはできません。

もちろんサプライズは嬉しいですが、一生の思い出だからこそ女性からしたら自分の好きな婚約指輪を選びたいという気持ちもあります。

男性からしても女性の指輪を選ぶことを考えると、どういった指輪がいいのか悩むと思います。

婚約指輪を購入するのはプロポーズの後でも構いません。

2人で購入しに行きましょう。

では、大切な婚約指輪を2人で買いにいくとしても、どのタイミングで渡せばいいのかという問題があります。

お店から受け取った時点で渡しても構いませんが、結納や両家の顔合わせのときに渡す人が多いようです。

最近は形式ばった結納をするカップルは少ないですが、両家の顔合わせで食事会を開くことは多くなっています。

顔合わせの実施日は挙式の約半年前ですから、そのタイミングに合わせて指輪を購入しに行くことをおすすめします。

一つの区切りとして、婚約指輪を渡す時期には最適です。

また、一口に婚約指輪といってもフルオーダー、セミオーダー、既製品があります。

どういう方法で購入をするかによって仕上がり時期も異なるので、その点も考慮して婚約指輪の購入を進めてみてください。

◇関連リンク:http://nanapi.jp/107362/