男性は結婚をするまでに3本の指輪を買わなくてはなりません。

1本でいいんじゃないのと思っている人も多いかと思いますが、婚約指輪を1本と結婚指輪をペアで1本ずつとなりますので合計で3本となります。

婚約指輪とはその名の通りに婚約した際に男性が女性に贈る指輪の事です。

映画やドラマなどでプロポーズの時に差し出す指輪がこの婚約指輪です。

芸能人などが物凄く高価な婚約指輪を記者会見などで発表したりしているのを見かけますが実際にはそこまで高価なものである必要はないので心配する必要はありません。

収入などと比べて常識的な範囲で相場が決まっていますのでその範囲で選ぶようにしましょう。

また上にも書いたようにプロポーズの時に差し出したりするケースはあまり一般的ではなく婚約が決まった後にペアで一緒に買いに行くことが多いようです。

婚約指輪にはダイヤモンドが選ばれるケースが多いようなのですが実際にはそういった決まりはなくそれ以外の宝石でも問題はありません。

ただしダイヤモンドはよく選らばれている宝石であるいう点からも失敗の少ない無難な選択と言えるかもしれません。

婚約指輪は結婚指輪よりも重要性は高いようなので選ぶ際には慎重になる事をオススメします。